なごりおしくおもえども、

娑婆の縁つきて、

ちからなくしておわるときに、

かの土へはまいるべきなり。


『歎異抄』
Scroll
PAGE TOP