水琴窟 32

水琴窟 32 

水琴窟 32
問、篤く、三宝を敬へ
答 これは、聖徳太子の十七条憲法の言葉であります。今日、聖徳太子は架空の人物であろうという説が言われています。しかし、この十七条憲法を書いた人物がいることは確かな事実です。その人を、仮に、聖徳太子と呼んでおいてよいと思います。
第二条に置かれている『篤く、三宝を敬え、三宝は佛・法・僧なり、』の言葉は、その後永く、今日まで、日本人の深層意識に留まって来ました。
私は、仏教の教えを顕す唯一の言葉である『篤敬三宝』の言葉について、『仏』と『法』を敬う事に就いては異論はありませんが、『僧』を敬うと云う事はどういう意味であろうかと疑問に思って居ました。
『僧』とは『サンガ』であると言われます。印度では、元々、同業組合をサンガ゙と呼んでいたと云いますから。それを仏教も採用したのだろうと思っていたのです。サンガは『和合僧』と翻訳されていて、仏教徒の団結を促す為であろうと思っていました。従って、『破和合僧』の罪が大切に説かれるのも、団結を乱す罪であろうと思っていました。
所が、この『破和合僧』には重大な意味があることを知らされたのです。即ち、サンガに帰依すると云う事が無く、それに背くことは、仏教を破滅させる事になるのです。
『破和合僧』に依って、仏教は弘まら無くなり、やがてこの世から消えて行くことに成るのです。仏教が個人的に信仰されているばかりでは、それは二乗地の信仰です。二乗地の信仰は、独りよがりの信仰で、自己満足に終わり、他に伝えられません。
仏教は、声聞によって始まります。声聞とは、只管に聞法に励む者です。声聞が聞法を重ねて縁覚(独覚)になります。独覚とは、仏法が次第に、よく解るように成る事です。声聞と縁覺は立派な仏教者なのです。しかし、この世界に留まる限り二乗地と言われます。
仏教が二乗地に留まる限り、他に伝えられることはありません。その人の信仰は、個人的信仰で、自己満足に終わるからです。これが『二乗地』は、菩薩の死であると言われる所以です。
竜樹が二乗地に堕する事を菩薩の死であると言って、厳しく戒めたのは、二乗のみでは仏道が滅びるからです。若し仏教徒が、『声聞』と『縁覚』ばかりに成れば、仏教は滅びます。
しかし、今でも二乗と言われる仏教が、東南アジアに立派に生き残っているではないかと言う反論があると思います。それに就いては、説明を要しますが、東南アジアの佛教は、大乗仏教ではありません。大乗仏教から見れば、多分に未成熟の仏教であります。
そもそも、小乗仏教と言われるものは、仏教の基礎であります。何万年と言う長い年月をかけて、人類が蓄積して来た叡智の基礎段階に在るものです。従って、此の基礎段階を無視したり、否定する事は許されません、しかし、其の基礎の上に築かれた思想が大切なのです。
小乗仏教は、戒律を守ると言う強権主義によって維持され生き続けています。大乗仏教は、この戒律厳守と言う教権主義を捨てたのです。即ち、破戒無慚の者も包もうとしたのです。この為に、『サンガに帰依する』と言う、法則を生み出しました。大乗仏教が、教団を維持し、その精神を永遠に継続させる為には、サンガが必要なのです。
サンガに帰依すると云う事は、同朋を尊敬する事です。サンガと言っても、所詮、人間の集まりですから、其処にはいろんな人が集まっています、従って、当然、意見の相違が起こります。その時、互いに相手を批判するだけでは、サンガは成立しません。争いばかりに成り、やがて分裂してしまいます。
キリスト教等が、神の罰を厳しく説いて、神の権威を強調するのは、教団を維持する為でありましょう。仏教は『神の権威』を主張しませんから、教団維持のために別の方法を考えなくてはなりません。その為に『サンガに帰依せよ』との教説を生み出したのであります。
しかし、人間の集まりには、必ず意見の相違が生じ、争いが始まります。それを収める為にはどうすれば良いのでしょうか。これは中々難しい問題であります。
『サンガに帰依せよ』との教えは、大乗仏教では、真に『仏と法に帰依する者』は、自ずから『僧に帰依する』と言うのです。従って、二乗の教えは、自己満足に終わって、真の仏道では無いと言うのです。
仏教に入る為には、必ず声聞・縁覚の段階を潜らなければなりません。仏教の基礎段階であると言うのは、必ず、その段階を潜らねばならないと云う事です。所が、其の段階に留まってはならないと言うのです。
仏教が、小乗仏教から大乗仏教に発展したと言う歴史の事実には、人類の叡智の積み重ねによって、宗教の意義の深化が行われたのです。しかもその思想の深化を、絶やす事無く後世に継承していく為の重大な法則を見つけたのです。この法則を発見した事により、仏教が強権主義を克服して、然も、永遠に伝承される道が開けたのです。
教団を維持していくためには、教権に依る強い束縛が必要なのです。この教権によって団結が維持されるのですが、この教権が強ければ強い程、団結は維持されますが、半面、個人の自由は束縛されます。
一神教は、強い教権によって維持されています。信仰は、『神への恐れ』であると言われます。『最後の審判』と言う恐れが、強く信者にのしかかっているのです。イスラム教徒の『自爆テロ』は、『神の最後の審判』に依って支えられています。
私は、特攻隊に志願した人間ですが、その時の心境は、『俺たちが死んでやらねば、弟や妹たちが助からない』と言うものでした。特攻隊員同士で幾たびも議論し合って、結局落ち着く所は、弟や妹の為に死ぬと言う結論でありました。
『お国の為に』という内容は、往時の私達には、結局、其れしか考えられなかったのです。イスラム教徒の信条とは、随分違っていたと思います。
兎に角、一神教は教権主義で維持されていると云う事です。それに対して、仏教は、教権主義を認めませんから、教団を維持するための方法が無いわけです。これは宗教教団にとって、大変な問題であります。
其処に、『サンガに帰依する』と言う思想が生まれました。サンガに帰依する前に、先ず、佛と法に帰依する事が要求されます。佛と法に帰依する事は、仏法に帰依する事です。仏法に帰依する事は、自身の『機の深信』に目覚める事であります。
業縁に押し流され、業火に焼かれている我が身の事実に徹する心は、同時に周囲の一切のものが、自他共に業火に焼かれている存在であることに気付くのです。此処に、『共に是れ凡夫のみ』(41の4、聖徳太子、十七条憲法、第十条)と言うい自覚が生まれるのです。

聞法する者は、仏と法に帰依する事は当然ですが、サンガに帰依することが無いなら、大乗仏教が成立しないのです。それは二乗の集まりではありましても、大乗仏教にはなりません。
サンガと雖も凡夫の集まりであります。従って、愛憎善悪の渦が巻き起こります。その時、『愛憎善悪の心を浄土に流し、念仏申せ』との師教が思い出されます。誠に、愛憎善悪の心を浄土に流して念仏する道が有ったのです。
サンガに集まる人に対して、不満や批判の思いが起こる時、それをあながち止めよと言うのではありません。議論する時は徹底して議論すべきです。其の上で、愛憎善悪の心を浄土に流して念仏するのです。
『貴方も、私も、宿業に流され、業火に焼け爛れて居る存在であります。しかし、必ず仏に成る可き身であります。』と何処までも、互いに信じ合って、念仏するのです。其処に、『サンガに帰依する』と言う教えが生きて来るのです。
それは大変な事のようですが、真に仏法に遇い得た人には、それが出来るのであります。此処に。サンガに帰依するという事が、仏道成就の必須の条件であると言わねばならい意味がありました。
釈尊在世に時代には、仏陀が現存されていましたから。仏道が成就していました。しかし、仏の滅後になると、釈尊の人徳の影響が衰えて、仏教が当に滅亡しようとしたのです、その時、サンガの意義に目覚めたのが、大乗仏教の先輩たちでした。この先輩たちの目覚めが無かったら、仏教はこの世から姿を消していたことでしょう。此処に、『篤く、三宝を敬え』と言う教えが大切に伝えられ、大乗仏教として、三国に流布して今日に至りました。
『厚く三宝を敬へ』と言う聖徳太子の精神は、三国・七祖を貫いて今日まで伝承されて来ました。この後も、永遠に人類を救う鏡となって頂くよう、我々仏教徒が、此のサンガに帰依し、讃嘆し、護持して行かねばなりません。